こんにちは、タキータです。

 

現在僕は、ペルーに移住してから3年近く経ちます。

 

僕の彼女がペルー人なので、南米へ移住する事になりました。

 

ペルーでは、自由に出来るけど、日本では制限されてしまう事を考えました。

 

今回は、その出来ない事一覧を、皆さんに共有したいと思います。

 

食べ物編

(1)安くて美味しい果物、野菜を買えない

ペルーは、「果物」と「野菜」が非常に安くて、美味しいです。

 

特に「果物」は、「マンゴー」が美味しいです。

 

ペルーの「マンゴー」は本当に美味しいです。
味は、非常に甘くて濃いです。
しかも、ペルーのマンゴーは、日本よりも安いです。

ワンポイント

  • 安い
  • 美味しい
  • 栄養価満点

 

日本に帰国したら、このレベルの「果物」や「野菜」を食べられなくなるのが、残念です。

 

(2)毎日食べていた、ペルー料理を食べられない

ペルー料理は、とても美味しいです。

 

ペルーは、「美食国家」と呼ばれていますが、まさにその通りで、料理が非常に美味しいです。
日本人の舌に合う味だと思います。

  • ペルーは、「ペルー系」や「中華系」、「日系」、「山岳地帯やジャングル系」の料理があります

 

どの系統の料理も、美味しいです。

ワンポイント

  • ペルー系:ロモサルタード、セビーチェ、カウサ
  • 中華系:タジャリンサルタード、炒飯、鳥の甘辛煮
  • 日系:巻き(寿司)、ラーメン
  • 山岳地帯やジャングル系:クイ料理(ネズミ)
  • 日本へ帰国したら、この手の料理を中々食べられないので、現在ペルー料理を修行中

 

外出編

(1)タクシーの運賃交渉

ペルーでは、流しのタクシーを使う時に、運賃の交渉をします。

 

ペルーのタクシーには、日本の様に「タクシーメーター」がありません。
タクシーの運転手によって、目的地の値段が違う

あまり、僕は好きじゃありませんが、日本へ帰国したらペルーの様に「運賃交渉」出来なくなります。

ワンポイント

  • 運転手によっては、運賃を高めに設定するドライバーもいる
  • 「流しのタクシー」は慣れている人が使うべき
  • 「窓割強盗」などを気を付ける

 

たまに「窓割り強盗」が、街中に居る事があるので(治安の悪い地域)、気を付けた方が良いです。
必ず手荷物は、自分の座っている下に置いて下さい。常に油断大敵です。

 

(2)ディスコで踊れない

ペルーには、たくさんの「ディスコ」があります。

 

  • 日本へ帰国したら、ペルーの「ディスコ」の雰囲気の場所で踊れない

 

日本には、ペルーの様な「ディスコ」を見た事がありません。

 

ペルーでは、ディスコ(スペイン語で、discoteca)で「サルサ」を踊る事が多いです。
その際に、日本人が「サルサ」を踊る事が出来たら、大きなアドバンテージになります。

ワンポイント

  • ペルーでは、「サルサ」をメインにディスコで踊っている
  • ペルーのディスコは、出会いの場でもある
  • ペルーのディスコの雰囲気は、日本にない

 

日本へ帰国したら、ペルーのディスコの雰囲気が恋しくなると思います。

 

その他編

(1)家や外で大音量で音楽を流せない

たまにペルーでは、大音量で音楽を流している事があります。

 

  • 近所の人は、大音量を容認

 

ワンポイント:大音量が流れている場所

  • パーティー会場
  • 誰かの誕生日を祝っている近所の家
  • お祭り
  • ディスコ

 

恐らく、近所の人が、「大音量に対して苦情」や「警察に相談しない」のは、自分達もそうしているからです。

 

  • ペルーに住んでいると、「大音量」で音楽を聞いている場面に遭遇しやすい

 

日本で音楽を大音量で聞いていたら、警察を呼ばれると思います。

(2)「マチュピチュ遺跡」や「ナスカの地上絵」などを簡単に見れない

日本からペルーへ旅行しようとすると、丸一日掛けないといけません。

 

  • 会社勤めをしていると、「休暇申請」や「調整」などで、難しい

 

ペルーに移住していると「楽」だが、日本からだと「苦」になります。
僕は、「マチュピチュ遺跡」へ二回観光していますが、また行きたいと思っています。

 

最後に

今回は、「ペルーから日本へ帰国したら出来ない事一覧」でした。

 

ペルーに住んでいると、あまり気にしていませんが、日本へ帰国したら、結構出来ない事があります。

 

そのため、皆さんは、後悔のしない「移住」や「留学」をして下さいね。

 

また、よろしくお願いします。

 

タキータ

おすすめの記事