こんにちは、タキータです。

国際恋愛をしていると、3つの壁に悩む人が多いと思います。

 

最近僕は、こんなツイートをしました。

 

 

まず、下記に結論です。

 

結論:国際恋愛で苦労すること3選

①言語の壁
👉お互いに共通の言語がなく、意思疎通が上手く出来ません。

    ▼解決策

  1. ちょっとづつ、共通の言語を勉強
  2. お互いの母国語も勉強
  3. 国際恋愛の関係を続ける(少しづつ、共通の言語が話せる様に)

 

②距離の壁
👉住んでいる場所が離れていて、尚且つ時差があります。

    ▼解決策

  1. 「毎日連絡」して、物理的な距離を縮めましょう
  2. 会う約束を作っておきましょう
  3. 最終手段:仕事を辞めるのも手です

 

③交際の壁
👉頻繁に会うことが出来ないので、コミュニケーション不足になります。

    ▼解決策

  1. 「毎日メール」する
  2. 「毎日電話」する
  3. 毎日その日の事から将来の事まで、話しましょう。

 

言語の壁

お互いに共通の言語がないと、意思疎通に苦労します。

 

なぜなら、自分達が、「伝えたい言葉」や「ニュアンス」が上手く伝わらないからです。

 

過去の経験談(自分)

僕達は、最初の頃は、自分達の共通の言語の「英語」を使っていましたが、中々自分の伝えたい事が、英語だと伝わらずに歯痒い思いをしていました。
当時彼女は、英語を話せましたが、僕は日常会話も覚束ないレベルだったので、辛かったです。
日本語だったら、もっと明確に自分の思いや考えが伝わるのになと思っていました。※
※ちなみに、僕は日本人で、彼女はペルー人です。
共通の言語がないと、ストレスになりますし、単純に辛いですよね。自分の思いが上手く伝わらないのは、本当に歯痒い状態です。
そのため、壁その1は、「言語の壁」です。
    ▼解決策

  • ちょっとづつ、共通の言語を勉強
  • お互いの母国語も勉強
  • 国際恋愛の関係を続ける(少しづつ、共通の言語が話せる様に)

タキータ
第一の壁は、「言語の壁」です。

距離の壁

国際恋愛をしていると、どうしても「距離」の問題があります。

 

お互いに住んでいる国が違うと、中々会えません。社会人だったら、お互いの休みを調整して会うしかありません。これは、単純に大変です。

 

過去の経験談(自分)

僕の彼女は、ペルーに住んでいるペルー人なので、全然会えませんでした。
ペルーに行くとなると、飛行機を乗り継ぎ、一日掛けて向わないと、ペルーに到着出来ません。
僕達の場合は、遠距離のときに、ほとんど会えなかったので、結局僕は5年間勤めた仕事を辞めて、ペルーに移住する事にしました。
「距離の壁」は、単純に会えないので、寂しいですよね。国際恋愛は、難しいです。

 

壁その2は、「距離の壁」でした。

    ▼解決策

  • 「毎日連絡」して、物理的な距離を縮めましょう
  • 会う約束を作っておきましょう
  • 最終手段:仕事を辞めるのも手です

 

タキータ
「距離の壁」・・・とても大きな壁です。
▼関連記事

交際の壁

最後は、「交際の壁」です。これは、国際恋愛(遠距離)をしていると、どうしてもコミュニケーション不足になってしまいます。

 

なぜなら、お互いの住んでいる国が違うと、会う事が出来ずに、どんどんコミュニケーション不足になってしまうからです。

 

過去の経験談(自分)

僕と彼女は、遠距離の期間(僕は日本、彼女はペルー住み)が、1年半位ありました。
その間に、お互いの間位の国でデートしたり、彼女が日本に来てくれたりとしてくれましたが、日本人同士、同じ国同士のカップルに比べると圧倒的にコミュニケーション不足でした。
理由は、単純で、会いたくても会えないからです。
結局僕は、ペルーに移住する決断をしましたが、もしその決断をしていなかったら、「僕達の未来は、どうなっていたのか?」考えると怖いです。

 

中々会えないと、悲しいものがあります。国際恋愛は、本当にお互いの努力が大事になってきます。

 

とゆう事で最後の壁は、「交際の壁」でした。

 

    ▼解決策

  • 「毎日メール」する
  • 「毎日電話」する
  • 毎日その日の事から将来の事まで、話しましょう。

 

タキータ
コミュニケーション不足を補うために、毎日連絡しなければいけません。

 

また、宜しくお願いします。

 

タキータ

おすすめの記事