こんにちは、タキータです。

 

どんな事でも「辛い」ことより「幸せ」の方が、良いですよね。

 

国際恋愛も「幸せ」であった方が、人生が明るくなります。

 

今回は、「国際恋愛」で幸せになるための3箇条について記事を書きました。

 

  • ブログ作成者の「タキータ」について

現在僕は、ペルー共和国にペルー人彼女と一緒に住んで居ます。

そのため、本記事の様な「国際恋愛」の記事を書いています。

 

結論

結論

(1)相手を理解して思いやる

👉相手が、自分(日本人)と違っていても、それを受け入れる心を持つ事が大事です。

 

(2)相手に過度な期待をしない

👉人それぞれ違う性格を持っている=期待通りに相手が動いてくれなくて当然です。

 

(3)本音で語る
👉本音を隠していると心、精神が疲れる。
 本音を相手に語る事で、相手の信頼関係UPになる。

 

上記の3箇条+α
👉相手の国へ移住を考える。

国際恋愛で幸せになる3箇条

(1)相手を理解して思いやる

国際恋愛なので、相手は外国人男性・女性です。

 

そのため、私達日本人と比べると、たくさんの違いを持っています。

 

  • 宗教
  • 文化
  • 言語
  • 食事マナー
  • 価値観
  • 習慣

 

相手が、自分(日本人)と違っていても、それを受け入れる心を持つ事が大事です。

 

ペルーのクリスマスの習慣は、日本と違います。
日本では、恋人同士でクリスマスを大切にしますが、ペルーでは、家族と一緒に過ごす事を重要視しています。

ポイント
  • 【柔軟性】相手と自分の違いを、変に思わない
  • 【寛容性】心を広く持って、相手を受け入れる
  • 【寛大に】相手の心を思いやる

 

 

(2)相手に過度な期待をしない

相手に期待をし過ぎない方が、幸せになります。

 

  • 自分の期待通りに動いてくれない彼・彼女=ダメ、ではありません

 

なぜなら、人それぞれ「十人十色」な性格を持っているからです。

 

そのため、期待通りに動いてくれなくて当然です。

 

質問

皆さん自身も、相手の期待通りに動けているでしょうか?
恐らく、答えはNOだと思います。

 

たとえ、現在相手の期待通りに動いている人でも、最終的(移住や結婚)には続いていないと思います。

 

なぜなら、精神的に疲れてしまうからです。

 

ポイント
  • 相手と良い関係を作るために、過度な期待はしない
  • 相手の期待通りに動く=疲れる
  • 疲れる恋愛は、幸せではない

 

 

(3)本音で語る

あまり自分の本音を隠さない方が良いです。

 

「時には我慢しない」事も大切です。
なぜなら、我慢し過ぎると、「精神的」に悪いですし、彼・彼女との関係が上手くいかなくなるからです。
お互いに「嫌な事」や「辛い事」は、NOと言った方が良い

過去の経験談(自分)
僕とペルー人の彼女は、なにかどちらか一方が「これは嫌だな」と感じたら、相手に意見して、話し合う様にしています。

  • 本音を隠していると、皆さんの心が疲れてしまいます
ポイント
  • 本音を隠しているとストレスが溜まる
  • 本音を語らないと深い関係になれない
  • 本音を相手に話さないと上辺だけの関係になってしまう

 

僕は、ペルー人の彼女に本音を話す様にしています。

 

過去の経験談(自分)

以前の僕は、彼女に対して本音で話していませんでしたが(気恥ずかしがあり)、それを彼女から指摘されて、本音で話す様にしています。
本音で相手と話す事で、より良い関係を作れると思います。

ワンポイント

  1. 本音で相手に話す
  2. 相手を信頼している
  3. 相手もそれに気づく
  4. 相手もそれを返してくれる

 

上手くいけば上記の「ワンポイント」の様に、なります。

 

相手は、自分の鏡なので、自分が本音を隠していると、相手も本音を話したくならないと思います。

 

上記の3箇条+α

相手の国へ移住する

この記事を書くにあたって、「なぜ僕は、ペルー人彼女と幸せを感じているのか?」を考えました。

 

その疑問を彼女に質問したところ、「一緒に住んで居るからじゃない?」と言われて、確かに!と思いました。

 

 

タキータ
そうなんです。冒頭でも書きましたが、現在僕は、ペルー共和国に住んで居ます。

 

 

  • 多くの国際恋愛中の人達は、国が違う遠距離恋愛をしていると思います

 

もし、彼・彼女ともっと幸せになりたかったら、「相手国へ移住」を考えてみた方が良いです。

 

以前僕は、こんな記事を書きました。

 

過去の経験談(自分)
「覚悟」とは、「仕事を辞めたり」、「彼・彼女の国に移住」する事です。
これらは、大きな覚悟だと思いますが、彼・彼女に対して本気な気持ちを持っているならば、考えて頂きたいです。
実際に僕は、新卒から5年間勤めている会社を辞めて、彼女の住んでいるペルーへ移住(いま2年目)しました。

これは、自分の人生の中で、一番と言っていい程、大きな決断でした。
ただ、僕は自分の決断に、後悔はありません。
なぜなら、自分の意思で決めたからです。

人生は、「自分で決断」するか「他人もしくは、家族が自分の人生を考えてくれる」のどちらかだと思います。
僕は、常に前者を選びたいです。

 

 

  • 相手の国へ移住する事で、さらに「幸せ」になれるかも

 

なぜ、僕が「移住」を薦めるのか?

 

ポイント
  • 外国人の彼・彼女の両親と仲良くなれる
  • 「人生のパートナーになる人か?」確かめられる
  • 一緒に住むと、関係がより深まる=人生のパートナーへ

 

下記に上記のポイントを深堀していきます。

    ワンポイント

    • 外国人の彼・彼女の両親と仲良くなれる

    彼・彼女の国へ移住すると、必然的に両親と出会う事が多くなります。
    僕の場合は、彼女の両親の家に住んで居る時期もありました。
    もし、彼・彼女の事を本気で思っているなら、両親と仲良くなるのは、大事だと思います。
    なぜなら、結婚後に彼・彼女の両親との交流が多くなるからです。

     

    • 「人生のパートナーになる人か?」確かめられる

    一緒に住むと、「そのパートナーがどんな人か(性格や習慣、ふるまいなど)?」が明確に分かります。
    「この人は、人生のパートナーになりそうだな?」と思う様な人であれば、相手国へ移住して、実際に確かめるのアリです。

     

    • 一緒に住むと、関係がより深まる=人生のパートナーへ

    一緒に住むと、よりお互いの事が分かるので、「絆」が深まります。
    「恋人」から「人生のパートナー(相棒)」へ関係が移行します。

     

    以上が「国際恋愛で幸せを掴む3箇条」+αでした。

     

    最後に

    今回は、「国際恋愛で幸せになる3箇条」について、記事を書きました。

     

    国際恋愛の経験者のブログや記事は、これから「国際恋愛をする人」や「国際恋愛に憧れのある人」、「国際恋愛中の人」に対して、役に立つと思います。

     

    僕のブログは、あくまでも僕個人の意見なので、+αで他の人のサイトも参考にしてみて下さいね。

     

    また、よろしくお願いします。

     

    タキータ

    おすすめの記事