こんにちは、タキータです。

 

今回は、「外国人の彼女を好きになった理由」についてを記事にしました。

 

僕は、日本でサラリーマンとして働いているときに、ペルー人の彼女と出会いました。

 

そして、彼女と国際恋愛を経て、現在ペルーに移住しています。

 

国際恋愛は、「十人十色」、「千差万別」で、人それぞれ異なる体験があると思います。

 

本記事では、僕の国際恋愛で「外国人を好きになった理由」について記事を書いていきます。

 

外国人の彼女を好きになった理由

(1)美人

最初の彼女の第一印象は、「美人」でした。

 

  • 人は、見た目が大事

 

正直最初は、彼女の容姿に惹かれました。

関連記事

彼女は、仕事の関係でペルーからはるばる日本へ訪れていました。
ある日、僕は、転職相談会に行く予定があり、相談会の会場に向かいました。
偶然彼女は、その転職会場に来ていました。

ワンポイント

  • 後に「容姿」から「性格」へ、自分の中の彼女の魅力がシフト

 

(2)毎日やり取りしている内に惹かれた

僕は、彼女と付き合う前から「毎日連絡」をしていました。

 

  • メッセージの送信
  • 動画・音声の交換
  • 写真の送付

 

  • その中で、だんだんと彼女に惹かれる事になる

 

彼女は、それを了承してくれて、そこから僕の「国際恋愛」が始まりました。
1年1か月間、毎日連絡を取り合いました。
会話している内容は、何気ない会話でした。

  • 毎日連絡は、国際恋愛において大事

 

僕と彼女は、毎日連絡を取り合っていました。
日本とペルーで時差が14時間ありますが、お互いに時間を調整して、電話やメール(写真や動画も添付)で連絡を取り続けていました。
そうする事によって、常にお互いを思い続ける事が出来ました。

(3)仕事で忙しい中、彼女が精神的な拠り所へ

当時の僕は、システムエンジニアとして、忙しい毎日を送っていました。

 

  • 終電での帰宅が多かったです
その中で、彼女とメッセージアプリを使って、毎日やり取りをしていました。
彼女と会話する事によって、自分のストレスが解消されました。

ワンポイント

  • 毎日やり取りしている間に、彼女の存在が大きくなった
  • 自分の精神的な拠り所に
  • 仕事のストレス発散になった

 

外国人だから、好きになった訳じゃない

僕の彼女は、ペルー人で外国人です。

 

  • 外国人だから、好きになった訳ではありません

 

ワンポイント

  • たまたま自分の好きになった人が、外国人だった
  • 理由は、それ以上でもそれ以下でもない
  • 「日本に住んでいて日本人の男性・女性を好きになる」と同じ

 

人によっては、「外国人だから好きになった」もあるかもしれません。

 

ただ、「外国人だから好きになった」だと、あまりにもストライクゾーンが広すぎます。
個人的にどんな相手(日本人、外国人)でも、最終的には「性格」で選ぶべきだと思っています(冒頭で「見た目」大事と話しましたが…)。
  • どんな人も最終的には、老いて「シワ」や「体形」が変わる

 

恋人選びでは、性格が一番大事です。

 

外国人だから、好き=ダメ

人それぞれ、どのパート(性格や容姿、その他)を重要視するかで、好きになる理由が違うと思います。

 

ただ、その理由が、「外国人だから好きになった」は、やめた方が良いです。

 

その理由だと相手は喜んでくれませんし、何よりも理由が弱いです。
  • 理由が弱い=土台が弱い

 

ワンポイント

  • 土台が弱いと、彼・彼女と「喧嘩」や「問題」が起きたときに、すぐに崩れてしまう可能性があり

 

最後に

国際恋愛で外国人と付け合っている人達には、様々な「付き合った理由」があると思います。

 

「付き合った理由が素敵」だと「素敵な国際恋愛が出来る」と思います。

 

皆さんの「素敵な国際恋愛」ために、この記事が参考になれば幸いです。

 

また、よろしくお願いします。

 

タキータ

おすすめの記事