こんにちは、タキータです。

 

今回は、ペルー人の「挨拶」について記事を書きたいと思います。

 

ペルー人は、日本と違う挨拶をします。

日本では、身体的な接触をする挨拶方法はありませんが、ペルーでは一般的です。

では、ペルー人の挨拶方法を、下記で説明したいと思います。

 

まず、下記に結論です。

 

結論

結論

①握手
②キス(ウンベソ)
③ハグ

挨拶方法

(1)握手

ペルーの男性同士の挨拶は、握手が基本となっています。

 

自分から握手する場合は、自分の右手を相手に差し出して握手をします。

 

日本では、握手の挨拶の習慣はありませんが、よく選挙の時期になると、政治家の方が握手をして回っていますよね。

 

握手は世界共通の挨拶マナーとして、右手と決まっています。敵意のないこと、武器を持っていないことを表しており、相手と心を通わせる意味もあります。

  • 握手は右手を差し出しましょう

 

相手の目をしっかりと見ながら、握手をした方が良いと思います。

 

(2)キス

女性に挨拶をするときは、「ウンベソ(un beso)」と言って、相手のどちらかの頬に一回だけ軽くキスする挨拶をします。

 

これは、男女共に女性へ挨拶するときは、「ウンベソ」を行います。※

※ペルー人の方に確認したら、左右どちらの頬にして良いみたいです。

 

ワンポイント

スペインの場合は、両頬にキスをするのが一般的です。
  • 日本人は、この挨拶に慣れていないと思います

 

ですが、「郷に入っては郷に従え」なので、この挨拶に慣れましょう。

 

(3)ハグ

「ハグ」は、お祝い事があるときに、ペルーでは行います。

 

例えば、下記の様な例です。

 

①誕生日
②クリスマス
③卒業式
④新年
⑤お別れの時(他国へ移住、引っ越しなど)
  • ハグもペルーでは、重要な挨拶のコミュニケーションです

 

最後に

その国の「文化」や「挨拶」などを学ぶ事は、相手国へのリスペクトになります。

ぜひ、ペルーに移住や留学、旅行で訪れる事があったら、本記事を参考にして下さいね。

 

この記事を書いている現在は(2020/10/29時点)、コロナウィルスが流行っているので、ペルー国内で挨拶の仕方が変わっています。

ハグや握手をするのではなく、肘同士を当てて挨拶をするのが、よく見受けられます。

 

あと、僕のペルー人の彼女の家族は、日本式の「お辞儀」をする事もあります。

日本のお辞儀は、感染症対策にピッタリだと思います。

 

また、よろしくお願いします。

 

タキータ

おすすめの記事