こんにちは、タキータです。

 

インターネット上で、「MBA」と検索すると、「MBA メリット」や「MBA 得られるもの」などの検索結果を見る事があります。

実際僕は、ペルーのビジネススクールへ入学して、2年間学んできました。

そこから学べたことについて、記事を書いていきたいと思います。

 

自己紹介と本記事について

現在僕の彼女は、ペルー人です。
彼女と出会う前は、日本で就職した会社で、毎日四苦八苦、悪戦苦闘しながら、働いていました。
その時代は、恋愛はおろか、国際恋愛なんて考えもしませんでした。
なぜなら、毎日忙しくて、そんな恋愛の事を考える余裕なんて無かったからです。

 

そして、彼女と一緒に暮らすべく、仕事を辞めてペルーへ移住しました。
今回の記事は、僕がペルーへ移住した際の活動の一つとして、ペルーのビジネススクールへ入学して、「学べたこと」について記事を書いていこうと思います。

 

まず、下記に結論です。

 

結論

結論

①パワーポイント作成スキルが上がる
②語学力が上がる
③MBAの知識
④リーダーシップ
⑤「留学先」や「他の人種」の人達の考え方が分かる

学べること一覧

 

この章では、MBAで学べる事について、書いていきたいと思います。

 

MBAは、最低でも1年以上の学習期間があります。

 

その中で、僕が「感じた事」や「学べた事」について記載します。

 

(1)パワーポイント作成スキルが上がる

MBAは、授業中にプレゼンテーションを行う事が多いです。

そのため、自然とPPT(パワーポイント)の作成スキルが上がってくると思います。

 

過去の経験談(自分)

日本の会社員時代に、パワーポイントを作る機会が、ありませんでした。
そのため、最初のMBAの授業の頃は、かなり苦労しました。
なぜなら、どの様にプレゼンテーション用のパワーポイントを作成したら良いか、分からなかったからです。
しかし、プレゼンテーションを行う毎に、徐々に資料の作り方が分かってきました。
  • 担当授業の教授のパワーポイントも参考になる
  • もちろん同じクラスの友人や生徒の資料も参考になる
  • 上記の良い所や技術を真似すると、自然と質が上がる

 

 

(2)語学力が上がる

留学先の使用言語の「語学力」が上がると思います。

 

過去の経験談(自分)

ただ、自分でその言語を勉強していないと、中々伸びないと思います。
現地の語学学校などを利用すると良いと思います。
僕の場合は、クラスの友人が全員外国人でした。
そのため、ある程度の語学力は必須でした。
  • 語学力が上がる
  • 自分で勉強する必要あり
  • 勉強しないと、授業やテストに太刀打ち出来ない=モチベーションアップ

 

個人的に思うのは、留学先に日本人が居ない方が良いかもしれません。

その様な場所に身を置く事によって、人間は必死になります。

 

現代において、人間には「生存競争」がないと思います。

なぜなら、生死を分ける様な事が、起こりづらいからです。

 

 

ポイント

ただ、「生存競争」と似たような過酷な環境に自分の身を置くと、意識が変わると思います。

言語も上記の様な環境だと、「伸びやすいのでは?」と思っています。

 

 

(3)MBAの知識

MBAの知識が身に付くと思います。

 

ただ、正直MBAの学ぶ範囲は、膨大です。

なぜなら、MBAは「一つの知識を深く」ではなく、経済学を「広範囲」に学ぶからです。

 

ワンポイント

そのため、全ての知識を、1年またはそれ以上でも習得出来ないと思っています。
しかし、広範囲な知識・勉強の中で、一掴み知識をゲット出来れば良いと思います。
色々な分野を広範囲に学ぶ事によって、ビジネスの視野が広がります。
  • 正直一年では、MBAの全知識習得は無理
  • 個人的に100%の内の9-10%位で良いと思っている
  • そうする事で、ビジネスの視野が広がる

 

(4)リーダーシップ

MBAを通して「リーダーシップ」を学べると思います。

僕は、管理職向けのEMBAに通っていたので、周りの生徒、友人達は、文字通りリーダーです(もちろん、MBAクラスにもリーダーはいます)。

 

ワンポイント

僕は、正直「リーダータイプ」ではないと思いますが、クラスを見渡すと、色々なリーダーのタイプがいます。
そこから、自分がなりたいリーダー像を作る事が出来ると思います。

 

  • MBAには、リーダーシップについての科目もある
  • MBAは知識だけではなく、実際に学べる
  • なぜなら、リーダーの「お手本」になる様な生徒達がたくさん教室内にいるから

 

(5)「留学先」や「他の人種」の人達の考え方が分かる

留学先には、色々な人種の人達がいます。

 

過去の経験談(自分)

僕の場合は、ペルーのビジネススクールだったので、ペルー人の人達が多かったです。
そのため、将来ペルーの人達とビジネスを行う時に、ある程度ペルー、南米の人達の性格を分かっています。
これは、ビジネスを行う上で、大きなアドバンテージになります。
  • 留学先の人達と友人になる事になる
  • そうする事によって、留学先の人達の「性格」や「考え方」がある程度分かる
  • 将来のビジネスチャンスになる

 

参考記事

 

最後に

たまに、「MBAはオワコン」とかの記事を見る事がありますが、僕はそんな事はないと思います。

学べる事は、たくさんあります。

 

ただ、一つだけ思うのが、この記事を見ている方で、大企業に勤めていながら、「MBAを私費留学するために、仕事を辞める」と考えている人がいるのであれば、止めた方が良いと思います。

 

あくまでも、MBAは勉学として、広範囲な経済学を学び、そこから、その学んだ事を活かして、次の「ステップアップ」、「キャリアップ」をする。

そんな中で、せっかく大企業に勤めているのに、辞める事はないと思います。

もし、外資系や皆さんが勤めている大企業以上に「ステップアップ」出来る企業、自営業などがあったら、良いと思います。

 

さらに、大企業に勤めているだけで、そこからたくさん学べる事があると思います。

例えば、プレゼンテーション能力や業務のやり方、資料の作り方などです。

学べる場(優秀な先輩社員、大企業ならではの素晴らしい研修制度)があるのに、わざわざMBAに学ぶ場を移す事はないと思います。

ただ、「社費のMBA留学」や「通信のMBA」だったら、良いと思います。

 

日本の諺に、「長い物には巻かれろ」とありますが、まさにその通りで、大企業も同じだと思います。

長い物に「巻かれたまま」になりましょう。

 

また、よろしくお願いします。

 

タキータ

おすすめの記事