こんにちは、タキータです。

 

ツイッター上で、3つのペルーの家の特徴について、つぶやきました。下記です。

 

 

そこで、今回は、ペルーの家の作りを説明していきたいと思います。この記事は、ペルーに行く前の旅行者の方や留学予定の学生の方への参考になればと思います。

アドべ造り

アドべ造りは、土と藁などを混ぜたブロックを組み立てて、家を作ります。ペルーの都市部分から離れて、村や田舎になると、このタイプの家が多いと思います。ペルーの国土は、60%が「ジャングル地帯」で30%が「アンデス山岳地帯」になります。つまり、残りの10%が「海岸・山岳地帯(都市部を含む)」になるので、アドべ造りは、ペルーでけっこう主流になると思います(90%がジャングルや山岳地帯のため)。

 

ちなみに、これは、日本語でゆうと「日干しレンガ」です。このタイプのレンガは、思った以上に固く、触ってみると、その頑丈さに驚きます。レンガは、作った後に、一日位乾かし、その後に表面を少し削って、形を整えてから、このブロックを組み立てていきます。リマ観光だけだと、あまり見る事の出来ないタイプの家だと思います。

 

貼り付けた写真は、実際に僕の住んでいる村の「日干しレンガ」です。村の人達が朝から、頑張って作っていました。

 

レンガ

レンガ作りの家は、ペルーの都市で、かなり主流だと思います。例えば、リマの家のタイプは、ほとんどがこのレンガタイプの家だと思います。家の正面は、しっかり塗装して(比較的カラフルな家が多いと思います)、側面に関してはレンガが剥き出しになっている事が多いです。

 

上記に貼り付けた写真は、プーノの写真ですが、プーノでもレンガ作りを主流にしているみたいです。リマも、こんな感じの家が立ち並んでいます。

コンテナ

コンテナ系の家は、日本と同じ様な作りをしています。日本の仮設住宅と似ていると思います。このタイプの住居は、僕が今の村に住んでから、初めて見た家のタイプです。けっこう頑丈に作られており、住み心地も良さそうです。都市部のリマには、ないタイプの住宅です。ペルーの山奥の村に、このタイプの家がある事に少し驚きました。

 

それぞれの家のタイプの違いについて、今回はブログを書きました。皆さんの参考になればと思います。

また、よろしくお願いします。

タキータ

おすすめの記事