こんにちは、タキータです。

 

今回は、僕の経験を元に、国際恋愛をしていて、大変だったなと思う事を3つ考えてみたいと思います。

 

自己紹介

僕は、日本の企業で5年間働いているときに、ペルー人の彼女と出会い、2年前(2018年)に仕事を辞めて、ペルーへ移住することになりました。
この決断は、自分の中でかなり大きな決断でした。
現在も彼女と一緒に、ペルーで暮らしています。
今回の記事は、「国際恋愛で大変だった事」です。
僕と彼女は、出会ってから付き合う、そして現在まで、5年間の国際恋愛の歴史を持っています
そのため、なにかしらこのブログに立ち寄って下さった、読者の方の助けに少しでもなればと思い、この記事を書きました。
良かったら参考にして下さると幸いです。

 

最近こんなツイートをしました。

 

 

まず、下記に結論です。

 

結論

 

結論:国際恋愛で、大変だった事3つ

①飛行機代が掛かる

👉日本から距離があると、単純に飛行機代が掛かります。※

※僕の場合は、ペルーなので、14-16万掛かりました(日本→ペルーの往復チケット)。

 

②時差がある

👉時差があると、お互いに寝る、起きる時間帯がズレるので、電話する時間を決める必要があります。

 

③デートが出来ない

👉デートを出来たとしても、お互いの休みを利用して会うので、1週間位しか会えません。※

※仕事にもよりますが、僕の場合は一週間が、彼女に会える限度でした。

飛行機代が掛かる

国際恋愛は、単純に飛行機代が、かなり掛かります。

 

理由は、お互いの国が離れていれば離れている程、航空チケットが高くなるからです。

 

過去の経験談(自分)

僕の彼女は、ペルー人でペルー共和国に住んで居ます。
当時僕達は、一度だけお互いの中間の国のアメリカで会いました。
その際に、飛行機代だけで、20万位掛かりました。※
その時に思ったのは、国際恋愛は、「お金がすごい掛かるんだな・・・」でした。
※夏休み期間+旅行直前にチケット購入(直前まで自分の休みが分からなかったため)

 

国際恋愛は、金銭的に余裕がないと、続けるのが難しいですよね。

 

ですが、お互いに次に会う約束をすれば、国際恋愛を続けるための、モチベーションが上がります

お金に関しては、彼・彼女との楽しい時間のために、貯金していきましょう。

 

タキータ
国際恋愛は、飛行機代(金銭面)に負けない様にしましょう。
関連記事

時差がある

国際恋愛をしていると、必ず「時差」が付きまといます。

 

なぜなら、日本と外国で時差が違う国がたくさんあるからです。

 

過去の経験談(自分)

ペルーと日本では、時差が14時間あります。
そのため、お互いの決まった時間に、電話やメッセージを送る様にしていました。
最初の頃は、どう時差に対して対処すれば良いか、分からなかったので、悪戦苦闘していたのを覚えています。

 

参考:南米各国の時差について

#国名時差※
1アルゼンチン12
2ブラジル12
3スリナム12
4ウルグアイ12
5ボリビア13
6チリ※213
7ガイアナ13
8パラグアイ13
9ベネズエラ13:30
10コロンビア14
11エクアドル14
12ペルー14

 

時差は、国際恋愛の障壁になる事があります。

 

しかし、時差に負けていては、国際恋愛を続ける事が出来ません。

時差を上手く利用すれば、お互いの一日の予定を、スケジュール化する事が出来ます。

例えば、下記の様な例「お互いの一日を、スケジュール化」です。

 

例:お互いの一日を、スケジュール化

①この時間帯は、彼女が寝る時間だから、電話(おやすみCall)※をしよう
②まだ、彼は寝ているから、メッセージや電話を控えよう
③彼女が起きてる時間だから、電話(おはようCall)※をしよう。

※僕とペルー人の彼女は、こんな風に朝と夜の電話を呼んでいました。

 

タキータ
時差を上手く利用して、彼・彼女と仲を深めましょう。

 

デートが出来ない

国際恋愛は、普通の恋愛(日本人同士、外国人同士)と比べると、圧倒的にデートが出来ません

 

なぜなら、お互いの国が離れている程、全然会えないからです。

社会人や学生の方は、休みを合わせるのも大変だと思います。

 

過去の経験談(自分)

僕が、日本に住んで居るときも、中々彼女と会う事が、出来ませんでした。
僕達が会えたとしても、お互いの休み合わせて会っているので、一週間位しか会えません。

これは、非常に辛いものがありました。

そのため、僕は考え出したのは、「国際テレビ電話によるデート」です。

たまに、彼女と国際テレビ電話をしながら、日本の観光地を歩いていました
ただ、これのデメリットは、他人から見ると、一人で話している様に見えるので、恥ずかしかったです。

 

中々大好きな彼・彼女と会えないのは、寂しいですよね。

 

ですが、普段会えない分、普通の恋愛をしている人より、時間を大切にする事が出来ます。

さらに、「過去の経験談(自分)」での通り、現代は、便利なツールやアプリがたくさんあるので、それを駆使して、彼・彼女との関係をマンネリ化させない様にする事が出来ます。

 

タキータ
普通のカップルより、デートの時間を、大切にする事が出来ます。量より質です。

 

また、よろしくお願いします。

 

タキータ

おすすめの記事