こんにちは、タキータです。

 

日本のクリスマスは、恋人同士で祝うイメージが強いですよね。

 

ただ、外国やペルーのクリスマスは、家族と一緒にお祝いします。

 

ペルー人にとって、家族は非常に大事な存在です。

 

家族は、日本でも勿論大事な存在ですが、日本以上にペルー人は大切にしている様に感じます。

 

そもそもペルー人にとって、親戚も家族の一員(日本以上に)ですからね。

 

クリスマスの基本情報

宗教

日本は、仏教もしくは無宗教、その他の宗教ですが、ペルーの場合は、国民の大多数が「カトリック教徒」です。

 

挨拶

クリスマスの日は、「フェリスナビダ(Feliz Navidad)」と言って、握手をしたりキス(ウンベソ)をします。

 

  • Feliz Navidadとは、「クリスマスおめでとう」の意味です

 

「ウンベソ」とは、女性の片方の頬にキスをする、男性→女性、女性→女性への挨拶の名前です。

 

▼関連記事

ペルー人ってどんな挨拶をするの?【移住者必見】

 

日本だと、クリスマス当日に、自分の会社の同僚や友達に対して「クリスマスおめでとう」とは、あまり言わないと思うので、いかにペルー人が、クリスマスを重要視しているかが分かります。

 

食べ物

食べ物は、普段食べている物より豪華になります。

 

これは、日本でも同じかもしれませんね。

 

  • ペルー人は、クリスマスの日には、「七面鳥」や「豚」を食べます。

 

交通

この時期は、ペルー(特にリマ)の交通事情が変わります。

 

  • それは、かなり渋滞が増えることです。

 

特にリマの高速道路の「ハビエルプラド」は、混雑します。

 

普段から「ハビエルプラド」は、日中渋滞していますが、クリスマスは、それ以上に混在します。

 

恐らく「プレゼントの買い出し」や「クリスマスの準備」などで、上記の様に交通状態が悪化するのだと思います。

 

治安

この時期は、街(リマ)の治安が少し悪くなるので、注意した方が良いです。

 

 

ペルーのクリスマスのお祝いの準備

飾り付け

下記の様な飾り付けを家に行う事が、ペルーでは一般的です。

 

  • クリスマスツリーを家に飾る
  • クリスマス用の装飾を家の中に施す
  • 外にクリスマス用の電飾を飾る

 

上記の様に日本でも、クリスマス用の装飾品を家に飾る人がいますが、ペルーの場合は日本以上に、上記の飾り付けを家にする人が多いです。

 

プレゼント用意

プレゼントは、購入したらクリスマスツリーの下に置きます。

 

  • 国際恋愛をしている彼・彼女の家族全員に、プレゼントを購入した方が良いです。

 

上記の意味は、彼・彼女の家に住んで居る家族全員分のプレゼントを、購入するの意味です。

 

 

ペルーのクリスマスのお祝いの仕方

クリスマスイブは、家族皆で、クリスマスイブ→クリスマスに日付が変わるのを待ちます。

 

夜に日付が変わった瞬間に、皆でお祝いをします。

 

  • リマの場合は、家で花火を打ち上げます。

 

例えば、ペルーの「クリスマス」は、日本とちょっとイベントの形態が変わります。
日本のクリスマスは「恋人」と過ごすのが一般的ですが、ペルーでは「家族」と過ごすのが普通です。
さらに、「クリスマス」の前日の日付が変わる瞬間※にペルーのリマの人達は、各家庭で一斉に「花火」を打ち上げて祝います。
※ 12/24→12/25

その花火が、文章では伝えられない位、物凄く綺麗なんです。
「新年」も同じ様に、各家庭から花火を打ち上げます。
日本で、同じ事をしたら、すぐに「警察」が来ると思います。

上記の引用文の様に、ペルーのリマでは、クリスマスイブから日付が変わった瞬間に各家庭から花火が打ち上がります。

 

国際恋愛をしている彼・彼女と一緒にその花火を見たら、ロマンチックだと思います。

 

ペルーのディナー

 

ペルーでは、クリスマスのディナーに七面鳥を食べます。

 

しかし、全家庭に大きいオーブンがある訳ではないので、レストランやパン屋さんで焼いてもらっています。

 

  • 上記の写真の七面鳥は、20ソレスで焼いてもらえた

 

最後に

国によって、クリスマスの祝い方は、変わってきます。

 

ですので、国際恋愛をしている相手の国で、「どうクリスマスを祝っているのか?」を確認する必要があります。

 

今回は、ペルーのクリスマスの祝い方を記事にしました。

 

また、よろしくお願いします。

 

タキータ

おすすめの記事