こんにちは、タキータです。

 

ペルーでは、「聖週間」と呼称されている習慣があります。

 

どの様な習慣か、下記にまとめました。

 

ペルーの聖週間について

(1)聖週間とは

キリストの受難と死とを偲び,復活祭への準備として罪を反省する,枝の祝日から復活日の前日までの1週間をいう。
聖木曜日の最後の晩餐の記念を経て聖金曜日に最高潮に達し,聖土曜日は主の墓中,古聖所の滞在を記念する。

 

  • 厳格なカトリック教徒は、この期間に「水」と「パン」しか食べない

 

▼宗 教
カトリック81.3%、プロテスタント12.5%、その他3.3%

ちなみに、上記がペルー共和国の宗教の分布の数値です。

 

(2)僕の聖週間

僕の彼女は、ペルー人でカトリック教徒です。

 

そのため、彼女自身もこの期間は、いつもと違う食生活を送ります。

 

  • 肉を食べません(牛豚鳥肉)

 

そのため、僕も「郷に入っては郷に従え」を信条にしているので、彼女の様に、上記の肉を食べませんでした。

 

  • ちなみに魚肉は、食べてOK

 

ペルー政府は、この週の人の出入りを予想して(コロナウィルスを危惧)、「外出禁止期間」としています。

 

(3)聖週間の期間の外出禁止

全国一律で、同期間中は,終日の外出禁止及び私用車の利用禁止措置が適用されます(必需品、医薬品、食料品の購入のための徒歩又は自転車での外出を除く)。
また、4月1日(木)~4月3日(土)の期間は、郡をまたぐ陸路・空路の交通手段が停止されます。

ペルー共和国のコロナウィルスの感染者、死亡者の数を考えると、上記の判断は妥当だと思います。

(4)ペルーのコロナウィルス感染者及び死者情報

▼世界17位(ペルー)※
感染者:1,568,345
死者 :52,331
回復者:1,485,582

※4月3日 17時時点

(5)参考情報:日本のコロナ感染者及び死者情報

▼日本※
感染者:48万4017人
死者 :9236人
退院 :44万9750人

※4月3日 23:59 時点

 

最後に

今回は、「聖週間」についての記事を書きました。

 

また、よろしくお願いします。

 

タキータ

おすすめの記事