こんにちは、タキータです。

 

今回は、ペルーに移住した方や旅行している方で、日常品や食品の買い物をしたいと思っている人向けに、おススメのスーパーマーケットを紹介したいと思います。

 

ペルーのスーパーマーケット
(1).プラサベア(Praza vea)
(2).メトロ(Metro)
(3).ウォン(Wong)
(4).トットゥス(Tottus)
(5).ビバンダ(Vivanda)

-番外編―
(6).タンボ+(TAMBO+)
(7).ジョーケイプラサ(Jockey Plaza)

プラサベア

プラサベアは、「Supermercados Peruanos S.A.」系列のお店です。本企業は、ペルーのリマにあります。

恐らく僕がペルーに住んでいる中で、一番通ってきたお店だと思います。お店の中には、食用品や日用品、電化製品など、生活に必要な物が比較的全て揃っています。かなり利便性のあるお店だと思います。

メトロ

メトロは、「Cencosud SA」系列のお店です。「Cencosud SA」は、ペルー人が作ったのではなく、チリ人が作りました。このグループは、南米の各地に同系列店のお店を持っている、とても大きな組織です。下記に紹介している「ウォン」も同系列です。

ウォン

「ウォン」は、「メトロ」と同じ系列店で、ペルーで「Supermercados Peruanos S.A.」のライバルの様な、立ち位置です。たまに、「プラサベア」の隣に「ウォン」があったりします。そのとき、僕は「プラサベア」を利用します。

トットゥス

トットゥスは、「Falabella」グループに所属しているスーパーマーケットです。チリ人が作った、グループ・お店になります。

ビバンダ

ビバンダは、プラサベア系列のお店で、「Supermercados Peruanos S.A.」に所属しています。

タンボ

タンボは、ペルーのコンビニです。明るい黄色の看板が目印で、リマの至る所に、このコンビニがあります。基本的に24時間営業ですが、防犯のため一定の時刻になるとシャッターが閉まっています。場所によっては、24時間営業ではない所もありました。気軽にお酒※やスナック菓子、日用品を購入出来るので、ペルーのリマで、すごく重宝なお店です。

 

※ペルーの道端や公園で、お酒を飲んでいると現地警察に捕まってしまうので、十分注意して下さい。ペルーの道端や公園でお酒を飲むのはご法度です。

ジョーケイプラサ

ジョーケイプラサは、お店ではなく、お店を全体を取り仕切っている、ショッピングモールになります。ジョーケイプラサは、リマの中で一番大きなショッピングモールになります。ここに行けば、なんでも揃います。このショッピングモールの近くに「リマ大学」があるので、そこの学生達も学校の帰りに寄っているみたいです。ちなみに地元の人から、ジョーケイプラサは、「リマ大学」の校舎と呼ばれています(リマ大学の学生達がたくさん居るため、比喩してそう呼ばれています)。このショッピングモールには、服飾品(ZARA、H&M、COACHなど)やフードコート、レストランなどたくさんあります。ペルー人の若者建が集っているイメージです。

 

ジョーケイプラサには、上記に紹介した、「プラサベア」や「トットゥス」が入っています。

 

まとめ

下記に上記のお店をまとめた表を作りましたので、良かったら参考にして下さい。

#店名利便性値段ブランド力
1プラサベア(Praza vea)
2メルカド(Metro)
3ウォン(Wong)
4トットゥス(Tottus)
5ビバンダ(Vivanda)×
6タンボ+(TAMBO+)
7ジョーケイプラサ(Jockey Plaza)×

 

今回は、ペルーのスーパーマーケットについての紹介でした。

また、よろしくお願いします。

 

タキータ

 

 

おすすめの記事