こんにちは、タキータです。

 

自己紹介と本記事について

現在僕の彼女は、ペルー人です。
彼女と出会う前は、新卒で入社したシステムエンジニアの会社で、毎日四苦八苦、悪戦苦闘しながら、働いていました。
その時代は、恋愛はおろか、国際恋愛なんて考えもしませんでした。

なぜなら、毎日忙しくて、そんな恋愛の事を考える余裕なんて無かったからです。

今回は、個人的に気になった「南米」の漢字表記について、記事にしたいと思います。
「秘露」は、ある国の漢字表記です。
正解は、南米の「ペルー共和国」です。

 

 

まず、下記に結論です。

 

結論:南米各国の漢字表記

#国名(カタカナ)
漢字表記スペイン語
1アルゼンチン亜爾然丁Argentina
2ウルグアイ烏拉乖Uruguay
3エクアドル厄瓜多Ecuador
5ガイアナ歪阿那Gaiana
6コロンビア哥倫比亜Columbia
7スリナム蘇立南Sulinum
8チリ智利Chile
9パラグアイ巴拉圭Paraguay
10ブラジル伯剌西爾Brasil
11ベネゼエラ委内瑞拉Venezuela
12ボリビア玻里非Bolivia
13ペルー秘露Perú

 

 

「秘露」ってどこの国?

 

(1)「秘露」の漢字の読み方について

結論で解答を書きましたが、「秘露」の読み方は、「ペルー」です。

 

 

(2)ペルーについて

ペルーは、リマを首都とする国です。

 

地図上で見ると、ペルーは海に面していて、上側に「エクアドル」と「コロンビア」、右側に「ブラジル」と「ボリビア」、下側に「チリ」があります。

 

現地の言語は、「スペイン語」と「ケチュア語」、「アイマラ語」などです。

 

過去の経験談(自分)

現在僕は、ペルー共和国のアンデス山岳地帯の村に住んで居ます(2020/10/22時点)。
そこの村の人達は、「スペイン語」と「ケチュア語」を話しています。
比較的年配の方が、「ケチュア語」を使用しています。
若い方々は、「スペイン語」です。
そして、日系社会が、非常に活発です。
一度ペルーでは、日系の「フジモリ大統領」が、ペルー共和国のトップになった事があります。
  • ペルーは、「マチュピチュ遺跡」や「ナスカの地上絵」が有名
  • 「山岳地帯」と「ジャングル地帯」が国土の90%を占めている
  • ペルーの村では、「ケチュア語」が話されている

(3)ペルーの地理について

ペルーは、「海岸・砂漠地帯」が国土の10%を占めています。
しかし、残りの90%(30+60%)は、「アンデス山岳地帯(30%)」と「ジャングル地帯(60%)」となっています。
そのため、「首都リマ」や「ナスカ」は、海岸・砂漠地帯に位置しており、「マチュピチュ遺跡」や「クスコ」、「アレキパ」などは、山岳地帯です。
日本に住んで居ると、どうしても「海岸・砂漠地帯」や「山岳地帯」に注目してしまいますが、「ジャングル地帯」はペルーの国土の60%を占めていて、ペルーにとって、非常に重要な場所となっています。

 

 

最後に

漢字表記の国名(南米)は、想像力が養えて面白いですよね。

国名の当て字は、「こんな読み方をするんだ!」や「これは無理やり当てた漢字でしょ」など、調査してみると非常に興味深く勉強になると思います。

 

また、よろしくお願いします。

 

タキータ

おすすめの記事